第1話って覚えてないなぁ

amazonプライムで

「ふしぎなメルモ」を見つけたので

第一話をつい見てしまいました

大筋は知っていたのですが

第一話を見るのは初めてでした

今のアニメと違って中身が濃く

話が詰め込んであってすごいですね

東京リベンジャーズとは全く違う

こんな展開もあり

なんだと思ってしまうほどの内容でした

メルモちゃんに出てくる

赤いキャンディと青いキャンディ

今、手に入れば

とっても高価で売れるんだろうな

と思ってしまったり

若くなることによって病気が直せたり

年を取ることによって

病気の結果が分かったりと

色々なことに利用できるんだろうなぁなんて

とっても俗っぽいことを考えてしまいました

今はあんな番組ってないよなぁと

とんちで有名な一休さんも

地上波ではやらないよなと

私の子供の頃なら

今なら教育委員会に訴えられそうな

内容のアニメも普通にやっていて

まさに多様性の時代

そのものであった気がします

メルモちゃんが赤いキャンディを飲んで

お母さんと同じ歳になり

小さな弟に対して

私がお母さんよと言います

弟はじっとメルモちゃんの目を見つめながら

違うお母さんじゃないとすぐに破りました

姿形はお母さんそのものなのになぜでしょうか

いくら体は大人になっていても知恵(知識)を得て

経験や体験を通して智慧が身につかないと

大人ではないと教えていました

グサッときました

50過ぎだけど、俺は大丈夫か?

今日の昼は大雨が降っていて

河川の増水や土砂崩れなど

警戒しようと言われてもなんとなく他人事

父母からいただいた大切な体の一部を

自分の不注意で壊し

その治療をしてもらう

何度も何度も同じことを繰り返す

全くもって私は大馬鹿ものだなあ

と思い知らされました

また一から締まっていかねば

と思った1日でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。