冥利に尽きる

皆さんおはようございますこんにちは

そしておばんでございます

こせき接骨院の小関です

久しぶりの喜び

先日保険調査会社の方が誰が視察に来られ

挨拶をいたしました

施術稼働日の多さに呆れていましたが

日曜祝日をやることについては

理解をしてくれた様子でした

最近の日曜日は新患さんの対応が多いです

やはりどこもお休みだからでしょう

急に痛みが出れば

不安になるのは当然ですよね

今日も最後の予約の患者さんが来る間際に

電話でのお問い合わせがありました

一歳三ヶ月の女の子、肘が抜けたとのこと

お母さんはとっても大変そうでした

来て頂いて

子供さんの服を脱がせて「ちちんぷい」

「もう大丈夫ですよ」と声をかけると

お母さんはすごく助かった

と喜んでくれました

女の子も泣き疲れた

顔から帰る時にはちょっぴり笑顔

この瞬間がたまらないご褒美です

自分が役に立つことが出来た喜び

あの瞬間を楽しみに仕事をしています

今日は休まず

やっててよかったと思う日でした

あの女の子がお母さんになって

自分の子供が「肘に抜けた」という頃までに

私は生きて現役で仕事しているかな

ギリギリですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。