私にとっての癒し

皆さんおはようございます

こんにちはそしておばんでございます

こせき接骨院の小関です。

自分にとっての癒し

一応私は癒しを提供している側の人間だ

という感覚はあります

だから自分がされてみて

やってみて

よかったことしか他の人には施しません

たとえそれがやったほうがいいと

理屈ではわかっていても(インフルワクチンとね)

心の奥底でやりたくないと思えば

そちらに従いやりません

自分にとっての癒しとは何だろうか

と考えてみると

やはり人に喜んでもらう事

と答えてしまうでしょう

あまり自分を喜ばせることに

価値を見出すことができないので

一人でいると

悪いことばかりを妄想してしまいます

さて今日、鉄球と羽を

真空内で同時に落としたら

同時に着地する実験動画を見ました

単純に、「すげー本当にそうなんだ」と

一人で盛り上がっていました

しかしこんなことをやっても

フーンで何が面白いの?なんのためにやるの?

それで何がわかるの? などの質問をされると

全く答えられません

私はその実験にかかった手間や費用時間

そしてその結果

全てが「すごい」と思っただけです

特に理由はないのです

私にとっての癒しとは

自分自身ができないことをやっている人への

尊敬の念なのかもしれません

色々な分野で尊敬できる人と一緒に過ごせること

これが私にとっての

癒しなのかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。