サスティナブルー持続可能

久しぶりに、お世話になっている先輩と直接お話しができた。電話では、毎週話していたので、久しぶりという感じではなかったが、直接、息を交わして話す方がやっぱりいい。ちょっとだけ、身体をいじらしてもらい、結構喜んでくれたので少しは恩返しできたかと嬉しくも思った。いつも勉強する課題を与えてくれるので、本当にありがたい。こんな私には勿体ない存在だ。話題には、事欠かないが李登輝元総統と別れ側「DX」が気になった。

大局を見る事の大切さ、ものごとをありのままに見る訓練。情報を収集して分析し、判断すること。この日本では、価値があるどころか、逆に正々堂々してない、卑怯だとか、狡いとか思われがち。しかし、今のこの情報過多の中で、どれを信じるか?そのようになっていくか?を予測しつつ行動することは、不可欠である。

目の前に、水溜りがあるのに、わざわざ入らなくても良いわけで、身を護るためには絶対必要である。私もとっても好きな分野なので、良いお手本としている。

情報をどう使うかは、その人自身の問題である。ゆえに、その方の持っている情報や価値感を頭から否定するのは、良くないことに気がついた。立場がそうさせることもある。私は一応「先生」とも呼ばれる事もある。専門家という権威を持つがゆえに、高圧的な言動をする事が多い。少しばかり知識があるからどうだというのか?言葉を知ってるからなんだというのだ。全く愚かである。今更ながら気がついた。

言動に権威を与えて、崇めているのが西洋思想であり、他を分ける。つまり文字通り「自分が、自分が」と自らの主張が正しいと、都合の良いことを並べて、他を否定して平伏せさせる。これがややもすれば、パワハラ、モラハラに、ひどくなれば人権侵害になるのであろう。自分の胸を手を当てて思い起こせば、とても恥ずかしく、愚かな行為をしたと反省するばかりだ。

信じているもの、何かを信じる心がある方の価値感を否定する事はしてはならない。

知らないで間違いを犯してしまい、正しく教えてあげるのは良い。しかし、素直に正してくれない、聴く耳を持たない方は、近づかない方が良い。正義感を振りかざし、罰を与えようと思ってしまうが、その行為で自分に罪を作り、罰を受けるのでは、ミイラ取りのミイラになってしまう。

そんな体験をして、大いに反省。このことを仲間に共有したら、一同共感してくれた。

わかりあえる仲間は大切だ。

これもまた、尊敬する先輩のブログを見て、教育には、「体育」「知育」「徳育」があり、「体育」と「知育」に関しては、とても参考になり、実践しているが、「徳育」に関する事が記載されてなかった。久しぶりだったので、直接お電話してみた。ちょうど、いわきへ向かっている途中というタイミングだった。その方から、ある勉強会に招待され次の朝6時からzoomでのミーティングに参加させて頂いた。

有名な住宅メーカーグループの会長さんのお話しを拝聴させて頂き、朝から頭がグルグルと

フル回転だった。一番印象に残ったのが、大脳生理学の絡みの話で、一番優れた参謀は、絵を描いて持ってくる。つまりヴィションを見せるという事だった。

以前、NHKのドラマで、黒柳徹子さんのTVとの成り立ちを4話連続でみた。女優さんがすっごく良くてつい、見てしまった。テレ+ヴィションがTV、テレビの語源。離れた映像。

それと、大脳は快と不快で認識する事。この二つが繋がり、夢の実現には、「心地よい映像」が不可欠だという事に気づかされた。

土日とも、天気は雨。日課の歩行が出来ず止むなく、近くのショッピングモールで歩行する。

一生懸命に声をかけている店もあれば、閉める準備をしている店もある。どうやってお客さんの気を引いて、商品を買わせるか?そんな気概を感じながら、せっせと歩行しました。

街に行き、用も早く済んだ上に、降っていた雨も止み、歩行できそうだったので、夜の街を歩いてみた。少し人は出ていたが、活気溢れるとは言いがたい。あとに聞けばその日は、ここ最近では、人出があったそうだ。なるほど、飲食店が潰れるわけだ。こんな時はどうすればいいのか?と思ったら、日曜日にあった先輩が話してくれたことを思い出す

今はデフレ気味で、こんな時は政府が規制緩和して市場にお金を流通させなくてならない。仕事を無くしてはいけない。お金を刷ってでも経済を回すことだと言っていた。ネットで調べてみるとなるほどだった。国債を発行すると、将来の借金になるなんてのは、違う事がわかった。政務次官という方は、総理や政治家の参謀であり、優秀な参謀がいれば戦いに勝つことができるのだと改めて知った。分析して考えを持つことの大切さをさらに認識した。

我が業界にも、分析して考えを持ち、自分の利益や目先の利益などを気にせずに業界のために尽力してくれる方がいる。最近すっかり熱も冷めてしまったが、改めて業界の問題について考えてみようと言う気になった。

サスティナブル。東洋医学、伝統医学である柔道整復術はまさに、持続可能であり、環境によい、すべての人々の健康を維持管理できるのではないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。