治療の基本編(2)

【2】自力と他力

自らの治癒力で、自力で治していくことは、大前提です。

しかしながら、1人でやり続ける事はとても大変です。

また、もしも自力の治療が、間違っていたり、自分に合っていなかった場合どうする事も出来ません。結局、専門家のところへ受診して、長く治療期間がかかったり、あるいは障害が残ったりするかもしれません。

ならば、はじめから、専門家のところに受診して、良い指導を受けた方が効率よく治療が出来るのです。

つまり、治療は他力、専門家に任せて、自力で、時間を取って通院することの方が良いのです。

当院では、施術者に依存するのでなく、自らの自然治癒力で勝手に治っていく。

施術者は、そのお手伝いをし、苦楽を共にする存在でありたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。