青空の下で

ここ数ヶ月、仙台に月に一度泊まることが多くなりました。

仙台は生まれ故郷です。

仙台の空気を初めて吸ったせいか、なんとなく今住んでいるいわきよりも落ち着くような感じがします。

いつも行くと、特段これを食べたいとかあれをしたいと言う欲求もなくなり、最低限度の食事と最低限度の行動になってしまう。日常化してしまうものなんですね。

週に1度、東京にも行きますが仕事が上なので、特にどこに寄ることもなく目的の場所に行って用事が終わったら、すぐに帰る。既に日常になっています。

慣れちゃえばそんなもんなんでしょうね。

「快適安全便利」そんな夢のような生活を手にしながら、得たものといえば「退屈」

「退屈」をどうしのぐか?

今は、それが楽しみなんでしょうね。田舎の日常を楽しみとかね。

不便をあえて、時間とお金をかけて経験する時代ですからね。

私も、十分この「快適安全便利」を享受しています。

空を仰ぎながら、これがご先祖様達が、望んだ生活なんだろうか?と

思惟しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。