健康寿命

img_4122健康寿命

朝、新聞に折り込まれている死亡広告を見るのが日課である。

新聞を取っている理由は、この為にあると言っても過言ではない。

人生100年なんてコマーシャルをやっているが、

本気で100歳まで生きる気でいるのだろうか?

統計をとっていないので正確ではないが、見た感じで亡くなられる年代は

70歳代が多く、80歳、90歳と続く感じである。

平均寿命は、約80歳と言われている。

しかし、寝たきりであればいかがなものであろうか?

自分の好きなものも、自分で食べられず。

好きなところにも、自力では行けず、

痒くても、かけないようになってしまって果たして幸せであろうか?

いくら、金持ちでも、どんなに偉くても、死神はやってくる。

息を引き取りにやってくる。例外なく、一度は誰もが死ぬ。

50歳になって、改めて残りの人生を考えてみる。

まだまだ若いと思うか?、もう歳だと思うか?

健康な生活をできる年齢を健康寿命というらしい。

これは、平均寿命よりも、当然のことながら、短い。ザックリ70歳だろう。

そうなると、無難に言っても、あと20年。残りはロスタイム。

健康寿命を伸ばす為には、何をなすべきか?

また、残りの時間をいかに使うべきかを、真剣に考えねばならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。