振動する・・・

振動を利用すると、

色々なエネルギーに変換できますね。

ちなみに、踏んだだけでも発電できるそうです。

さて、物質に光の速さをかけるとエネルギーになるそうです。

Cは、定数なので、質量とエネルギーは比例するわけですね。

重い方がエネルギーはあるわけですよね。

また、振動は空気中を伝わります。

音叉と共鳴箱によるエネルギーの伝播の実験で体感できます。

つまり、振動はエネルギーであり、エネルギーは物質にもなるわけです。

振動数の違いが様々な物質やエネルギーとなって存在するわけです。

また、同じ物質であっても、振動数が違うと、異なったものに見えます。

例えば、水

水分子の振動数が、違うだけで、見た目では相当様子が違いますね。

三態変化させるためには、振動数を変える必要があります。

環境や条件を変えることですね。

そして、健康であることは、振動数が高い方がいいわけです!

身体の振動数が基準値よりも下がってしまった時には、体調が悪くなったり、身体が痛くなったりします。そこで、

入浴したり、電気治療したりすると血流が促進されて、体温が上がり、身体が楽になる理由はここにあります。

筋を伸ばすことでも、血流が良くなり、新陳代謝が増えて、身体が楽になるのです。

しかし、これらは人によっては、健康被害のリスクは否めません。

では、リスクなく振動をあげる方法はないのか? あります。

身体ではなく、その周りに纏うエネルギーを整えます。

そして、纏うエネルギーの大元も整える必要があります。

チャクラと言われるところですね。

ここを整えるだけで、歪みは取れます。

え? どうやって?体験しないとわかりませんよ。

ただし、疑っていたり、試してやろうとか、あるいは、問題を抱えていない人は

全く変化しませんから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。