実践するだけです

心を科学してみると、いろいろな事が見えてきます。

今までとは、違った事を思えるようになって、自分自身でも、驚きです。

感情をコントロールするまでもはいかなくても、感情のままに話す事は減りました。

冷静な判断をできるようになった分、言動が冷たくなった感も否めません。

これは、自分自身が強く感じてます。

対立する意見は、どちらも一生懸命に考えた末に出したかもしれないので、

適するかどうかは別ですが、優劣はつけがたいものです。

真剣に考えたものであるから、感情的になるわけで、いい事だと思います。

しかし、相手の課題にまで、土足で踏み込んではいけません。

相手の問題、課題は、あくまで相手のものであり、

その方が自身で解決しなくてはならないものです。

「自分のケツは自分で拭く」ものです。

自分が空腹なのに、他者がご飯を食べて満腹になっても

自分の空腹に変化はありません。主役は、自分自身です。

自らが、動かなければ、望むべき道になんて到底到達できません。

まして、望むべき道にいとも簡単につくはずもないし、保証もないのです。

つまり、思い通りにはなりません。けれども、「あがき」「もがき」「抗わない」限り

何一つ変わりません。時間も力は貸してくれません。

思う結果には、ほど遠いかもしれませんが、気高き理想や夢や希望を持って

前に進むしか、他にないのです。

自分自身の小さな実践が、未来の自分につながります。

今は、ただそれを信じて、実践するだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。