図書館

図書館
中学生3年の後期・・・・・

生徒会活動が好きだった私。

風紀委員長から、急に図書編集委員長に鞍替え。

別に、風紀委員長が嫌になった訳でもなく、

嫌がらせを受けた訳でもない 。

「編集」という言葉が気になったのであろうか?

学校新聞を作って見たかった。ただそれだけのことだった。

ついでに、図書委員会もついてきた。そんな感じだった。
そのときは、男女1組だった。女子は図書のエキスパートで

委員会の顧問の先生からの信頼は厚かった。

私は、図書の方面は全くっていっていいほど、

興味がなく、掃除の監督ぐらいしか覚えていない。
先生方に、最近読んだ本と推薦図書のアンケートを

したときの答え(内容は全く覚えてませんが)が面白く感じた。

この先生こんな本読むんだとか、身近に感じられた覚えてがある。
図書館。あの独特な静けさと本の香り。

キーーーーンとした静寂。その中に今自分が必要とする情報がある。

冬を迎える私にとって、考える種がここにある。
目も悪くなり、集中力や思考力も落ちてきてるが、

図書館は未だにワクワクするところ。
今度は、明星大の図書館に行こうか?

など思いを馳せている。
答えが出た訳じゃないがなんともワクワクするところ。

図書館。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。