ホロホロとー

ホロホロと・・・・・・
「釣り上げた魚に餌をやらない」

あまり良い事の表現ではないかもしれません。

本当にそうでしょうか?

学んでいくためには「飢餓感」が必要ではないでしょうか?
「飢餓感」・・・「知りたい知り尽くしたい」という気持ちでもあります。

「知りたくてしょうがない衝動」という意味です。
「女王の教室」というドラマの中で、

「いい加減、目覚めなさい・・・勉強は、しなければならないのではなく

したくてしょうがないものなの・・・・」
先日、友人でとても興味深い話を聴きました。

大学を卒業してすぐにテレアポ会社に入社しました。

見ず知らずの相手に、電話をして品物を売り込む。

今までやったこともない事に挑戦するとともに、

一般社会を知る意味で、就職したそうです。
始めは、すごく大変だったのですが、先輩上司に

わからないことをきいて、実践して、1ヶ月後なのは、

電話に対するストレスがなくなったそうです。

丁度そのとき、全体ミーティングがあり、

「1ヶ月経つが辞めたい奴はいるか?」との声に、

一人だけ、手を挙げた新入社員がいたそうです。

「はい、辞めます!」

周囲は唖然としたそうです。問いかけた上司に個別に呼ばれ、

「一番、一生懸命なお前が、なんでや?」の問いに

辞めること宣言した彼は、

「学ぶべき事を学んだからです」

いろいろ、お話し合いをして、その上司も納得してくれたそうです。
彼は、職人です。として必要な技術や心意気は、先輩の職人さんに

叩きこまれました。しかし、今の自分にどうしても足りない部分がある。

それを補うために、学ぶのだと言ってました。
勉強とは、今の自分にとって足りないことを補う為にする。

私もそうでした。いつも「何か足りない・・・・・」と感じつつ

「何が足りないかを見つけ出す」それがわかれば、一直線です。
同じように、友に出会えて嬉しく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。