ケンケン、ガクガク

ケンケン、ガクガク
真剣に議論をするならば、本気で何かをしようとするならば、

歳上、歳下も関係ないです。

目の前にある問題から目を背けず、真っ向勝負しなくてはいけません。
昔からこうだったから・・・

今までやってきたのだから、これでいいしもういい・・・・

歳上の意見に口答えするな、歳下なら先輩に敬意を示せ!
あのーーー

目下の問題と何が関係あるのですか?

問題文ちゃんと読んでますか?

それは、自慢話なんですか?

誠意を持って受け答えするのが生意気ですか?
売り言葉に買い言葉になって、険悪なムードになりますね。

さて、聖徳太子が制定した17条憲法の第1条の後半部分に、

「然れども、上和き下睦びて、事を論ずるにかなえば、則ち事理自ずから通ず」

つまり

上の者も下の者もともに仲睦じく、親しく事ごとにあたって話しあえば、道は自然にひらけて思うように事が運ぶと申されるのです。道理のままに事ごとが行なわれるならば、

「何事か成らざん」つまり成就する。

つねに

「事について論ずる事をなさば」「理について談ずることなさば」

ここでいう「事」とは現前の事象をさし、「理」とはあるべき道理を意味しています。
事象があるべき道理と自然に相通ずるようになれば、いかなる難事も必ず成就する
自分の利益のために徒党を組むものは、小さい人間であり、すべての人々の幸福を目標とし、すべての人達と協調する人が大きい人である。
いつも自らに問いてから意見を言う。「本当に皆の幸福を願っているか?」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。