いわき市鹿島町「こせき接骨院」ブログ:死生観:WordPress blog

死生観・・・・・・・
なにげに、ネットを見ていたら

私と同じ年代の民俗学の大学教授のインタビューがあり

「自分達の親の世代とは、死生観に変化がおきている」

と締めてありました。
また、「致知」5月号にも、

「死生観というのは、大人になって急に持ってくださいと言われても無理でしょう」

とJT生命誌研究館館長 中村桂子さんも言ってました。
私の初のお葬式は、小学4年生くらいだった。

山形県に住んでいた父方の祖母でした。

その時の印象は、悲しいというより毎日が宴会で楽しかった。

今思えば、不謹慎ながらそのように感じました。
次は、高校1年生の夏。

同級生が海の事故で亡くなる。

友人と一緒に葬儀に行きお悔み申し上げると、

亡くなった友人の母が泣き崩れた。

とても悲しい思いになりました。
「ブラックジャック」を読んでいたせいか、

人の生死については、とても興味があったように思われます。

「死」はとても怖いものという認識は常にありました。
このテーマ、簡単じゃないのでまた思い出したら書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。