いわき市鹿島町「こせき接骨院」ブログ:影響を受けやすい・・・・:WordPress blog

これも霊媒体質の弊害か?
ひとつの診断方法として、

自らの身体の感覚をセンサーとして、

どこが、どのように、どう変化していくかを

モニターする時があります。
この方法を使うと、患者様には不思議がられます。

細かい情報と変化が察知しやすいので、たまに使います。
簡単に改善するケースや一時のセンサーなら

特段問題はなく、とても便利な能力です。
しかし、かなり危険でもあります。

素人は、使わないほうが良いでしょう。
ヒーリングなどをしてる方は、ご存知でしょうが

いわゆる「受けちゃう」「もらっちゃう」時が多々あります。

そうなると、術者の方に悪い影響が出ます。

当然、その能力を持つ方は、影響を消す能力もあるのですが、

力が強かったり、消すまでの時間がないときは、

悪い影響を引きずったまま、治療を続けることになります。
そうなると、わかるものが、わからなくなり、

誤解、勘違いしたりと悪循環に陥ります。
故に、多用は禁物なのです。
これは何も、施術中だけでなく、日常でも油断すると起こります。

気を張ってないと、流されてしまうのです。

「素直に聴くこと」はとても大切なことです。

「だれの、何の為に、何を聴くか?」によっては、

話す相手にかかわらず、自分にとって悪い影響が出るかもしれません。

気をつけましょう。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。