いわき市鹿島町「こせき接骨院」ブログ:遠き思い、近い思い:WordPress blog 

先祖供養をする意味
今朝は心友二人で、先祖供養に行きました。

心友が是非行きたいという事で、

御同伴させていただきました。
先祖供養をする事は、いろいろな意味があると思います。

感謝を形、行動で表すという意味では一番わかりやすい。

まして、自分のとって近しい方の供養ならばなおのこと。
生前の出来事の思い出し、

今の幸せは、あの方にいただいたものと感じ、

悔い改めながら、前向きに生きる元気を頂きます。

自分も、ほんの少しでいいから他人から

感謝される人を目指そうと思う瞬間でもあります。
まだ見ぬ子孫に何が残せるのか?

子供は、自分の供養をしてくれるのか?

そんなことを脳裏に浮かべ帰途につきました。
今の自分の姿を見せて、子供には伝えねばなりませんね。

親は背中で、ものを語るのが一番。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。