いわき市鹿島町「こせき接骨院」ブログ:人生は重い荷車を引いて長い坂道を登るがごとし:WordPress blog | | COSMO LA

十字架を背負う。
私がまだ病院に勤務していた頃、

院長に呼ばれて、次のようなことを言われました。

「今は、同意の上での治療せよと言われているから仕方がないけれど、

本当にそれが良いとは思わない。

患者と一緒に、その苦しみを分かち合う姿勢。

たとえ無駄かもしれないかもしれないが、

必ず良くなるという信念を持って治療する。

結果、嘘つきになるかもしれないが、

治してあげたいという思いは、相手に必ず伝わる。

苦しみという十字架を一緒に背負う覚悟が必要だ。

しかし、これは貴方が決まることだ。」
十字架を背負う。

とても重い言葉でした。
この仕事を選んだ以上、覚悟しなくてならないこと。

その重圧に耐える心を鍛える事がさらに重要。

その答えは、

重圧に耐える強い信念を得る為には、
佛教が最善です。
なぜなら、佛教は人々を救済すること、

真の安心を約束してくれるからです。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。