いわき市鹿島町「こせき接骨院」ブログ:あなたの中心にあるのは、なんでしょうか?:WordPress blog | | COSMO LA

主観と客観について考える
現代の科学は、客観的な事実を基にして成り立っているそうです。

治療の有効性を科学的根拠を示し、

傷病に対する整合性を求められます。

もし、科学が全てを解き明かしているなら、何も難しいことはありません。

同じような症状であっても、その治療が有効であるかどうか、やってみないとわかりません。

また、有効であっったとしても、

どの程度効果があったかは個人差があります。

有効か無効化なんてのは、そもそも比べるのが難しいものです。

どの程度の「差」を異常とみなすか?

その「物差し」を決めているのであって、

治す為のひとつの表現方法でしかないのです。

客観的指標が正常であったも、

本人が「異常である」と感じる症状は否定できないはずです。

主観を無視して、本当の治療、真の治療は言えません。異常と認識している人の言葉を直視せず、

治療するのは、「作業」になってしまいます。

しかし、主観に囚われ、全てを鵜呑みにしていいわけではありません。

「作業」でもない、「慰安」でもない心のこもった「治療」にするならば、

「客観」と「主観」の両方をバランスよく取り扱い、

しかも、「経験」という実践から得られた「智慧」が必要になると感じました。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。