いわき市鹿島町「こせき接骨院」ブログ:感謝のバトン1−WordPress (blog)

1父母とご先祖

先日2/7に父がお浄土へ旅たちました。私の師からはいつも「4つ恩をわすれるな」

といわれます。その1番が「父母の恩」です。もし、なんの為に生きているのか?

という質問を受ければ、「親孝行」と答えるでしょう。

先日、法隆寺に参詣にいきました。そこでお話を聴いてすごいと思ったことは

「父 用明天皇の病気回復のために薬師三尊佛を奉納した」

そして、看病のために、ずっと父の為につくしたと

太子が示したことは、「和」「三宝」そして「父母に孝養を尽くせ」でした。

その言葉を自分も実践したいといつも思ってあります。

今の自分の存在は、父と母のおかげです。

そして、ご先祖様のおかげです。

2妻と子供

奥さんは自分の家政婦でも母のかわりでもない。

そのことを強く学ばされています。生活の自立ができることに感謝です。

友人に「背中から、手を合わせられる人になりなさい」といわれました。

私にとっての奥さんはまさに、その方に当てはまります。

子供には、私を「父親にしてくれた」ということです。

父という「役職」を与えてくれた存在でもあります。

そのおかげで、自分の父の偉大さに気がつき、自分もまた、このようにありたいと

自分の理想の父像を持てるようになりました。ありがどう。

3先輩と後輩

なぜか年上の方と接することが多かったおかげで、たくさん学ぶことがありました。

先輩にとても可愛がってもらい、教えてもらい、ごちそうなり、無茶なこと頼まれたり

変なこと頼んだり、ほんとに恵まれています。実践の知恵はすべて、先輩から教わりました。

ほんとにありがたいです。これからもよろしくお願いします。

後輩は、無条件で受け入れます。なぜなら、我が尊敬すべき先輩はそうやって私を受け入れてくれました。

ただ学校の後輩というだけでです。えこひいきしてくれました。ゆえに私もそうします。

先輩から受け継いだ「日本の伝統」を優秀な後輩へ伝授するのが、役目だと思ってます。

その受け皿になってくれてありがとう。大切な後輩達。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

接骨院を楽しくやってます。健康、身体の治療、食(最近15Kg痩せましたよ)、特に交通事故後の治療(保険にも強い)についてお悩みの方、ご相談に乗ります。仏教を主体としたメンタルケアしています。 政治、経済、統計学が今の旬です。神仏摩訶不思議系、超常現象など、とても好きです。